SNSへはこちら

MacでMATLAB R2019aが極端に遅い!という方へ

最近 Mac を買い替え、これまでの MBA 2015 から MBP 2018 へと超絶グレードアップしました!!

さて、前の Mac には MATLAB R2018a を入れていたのですが、これを気に最新バージョンの R2019a を入れてみたところ、いたるところの動作でフリーズ。外部ファイルのデータを列ベクトルとして取り入れるだけでメモリを 8GB 食う謎の挙動をしていました。

いろいろ検索ワードを変えてググったところ、こちらのフォーラム記事がヒット。どうやら PopClip が悪さをしているらしいです。R2018b でも遅いという。
僕の Mac にも App Store 経由で PopClip を入れていたので、どうやらこれが原因のようです。

フォーラム記事では「PopClip を kill した」と言っていますが、そこまでしなくても、MATLAB R2019a を除外リストに入れるだけで動作は改善できます。

PopClip はクリップボードへのコピーという OS の動作に介入します。なのでポップアップ時にはメニューバーが一瞬点滅します(おそらくコピー or ペーストという動作を OS 側で検知している)。
今回はその動作が、何らかの理由で MATLAB 側とかち合っていたものだと考えられます。

お悩みの方は試してみてください。

Ad
Ad

SNSへはこちら

RSS等はこちら